In other words

I really don't know life at all ...

Sponsored Link

お正月におせち料理は必要か?毎年悩みながらも、結局はおせちを用意してしまう理由。

毎年この時期になると、百貨店からおせち料理のパンフレットが送られてくる。

一応目は通すものの、あれこれ考えながら何度も繰り返しページを捲り、その絢爛豪華なおせち料理を見ていると、決まって溜息が漏れる。

おせち料理は必要なのか?と。。。

ここ数年、おせち料理に関しては、かなり頭を悩ませている。
用意したところで、外国人である夫や子供達は進んで手をつけようとはしない。私も正直言えば、「一生懸命」食べていると言った具合で、お正月でもなければ好んで食べるようなものではないのだ。
一人で延々と食べることにも限界があるので、いつも夫には「祝膳なのだから」「食べると今年のビジネスは凄いことになるかも」などと適当なことを言って、無理矢理消費を手伝ってもらっている状態だ。

おせち料理の値段はピンからキリまであるけれど、どんなに小さなものでも、百貨店などでは安くても一万数千円はする。
これが家族4人分となると、3万、4万円などまだ安い方だ。

好きでもないものに、そんなお金を払うのは、まさに無駄遣いの範疇ではなかろうか?
近年はそんな意識から、4人分ではなく小さな気持ちばかりのおせち料理を選ぶようにしているのだけれど、それでも毎年のように消費するのに一苦労しては、おせち料理はなければいけないものなのか?と、悶々とするのだった。

そう承知の上で、なおも毎年おせち料理を用意しているのは、それが習慣であり、「用意しなければいけないもの」という意識がしっかりと根付いてしまっているせいなのだろう。

「今年こそは、おせち料理は用意しない。好きなものを並べればいい」

寸前までは、ずっとそう思っているのだけれど、いざこうしてパンフレットなどが送られてくると、気持ちがグラグラと揺れだす。

「年に一度のことだし、なによりもお正月におせち料理が並ばないのはおかしい」
「祝膳を用意してこそ、一年健やかにすごせる」

そんな思い込みが、しっかりと心に根を張って動かない。



おせち料理とは節日を祝うため、神様にお供えするお料理のことだそう。
つまり、自分が楽しむものではなく、神様にお供えしたあとに、頂く料理なのだ。
そう考えると、自分は要らないと思っても、神様はどうしましょう。。。ということになる。

いかなる宗教に対しても信仰心はないとはいえ、神様の存在を否定するほど、私はリアリストではない。
お正月早々、神様の存在を無視する勇気はないのだ。

つまり悩ましさの根源とは、そこなのである。
欲しくもないものにお金をかけることはしたくない。けれども日本人としては、一年で最も重要な節日をおろそかにもできないということだ。

もう一つ、我が家では主人が外国人ゆえ、私がおせち料理を用意するのと同等の権利を持っている。つまり、夫にとっての祝膳だ。
これは結婚以来、何十年も習慣としていることで、お正月に食べたいものを好きなだけ買っていいという決め事だ。
毎年、普段は買わないような値段のはるチーズやワイン、オードブルなどをデパ地下で買い漁るのが夫の楽しみになっている。
これに便乗し、子供達の好きな中トロのお刺身といくらは、飽きるまで食べようと、ここで更に夫が大盤振る舞いする。

これはおせち以上に高額になるのだけれど、子供達も一緒になって喜んで食べるので、なにひとつ無駄になるものはない。みんなで「美味しいね、美味しいね」と、食べているので、多少お金がかかっても、それはよいお金の遣い方だと納得できる。

そうなると、いよいよおせち料理の意義が問われることになるのだ。

もはや、我が家は日本人家庭ではないと思い込む手もあると、一瞬チラリと思ったものの、家族はともかく私だけは生涯日本人だ。
お正月にはやはり簡素でもおせち料理と呼べるものが並んでいてほしい。



そこで考えるのが、なにも百貨店などで買う必要はないということだ。
問題が「食べたくもないものにお金を払うのは無駄」ということなら、最小限の好きなものだけを自分で作り、お重に詰めて用意すればいいではないか。

昔はおせち料理も家庭で作っていたお宅が多い。
今でも、すべてのおせち料理は手作りで用意しているというご家庭もあるのだから、特別なことではない。
昭和の主婦に倣った簡単な解決策。

実は何年か前も、そう思ってやってみたことがあった。
しかし、その翌年にはまたおせち料理を買ってしまったのは、自分で揃えるのがとても面倒で、思っていた以上にお金がかかってしまったためだった。

すべてを手作りでするほど料理好きではないので、黒豆や栗きんとん、なます、筑前煮など、自分の好きなものは手作りし、他のものは個別に買ったものをお重に詰めた。

作るのも面倒だけれど、一つ一つ買い集めるのはさらに面倒だった。
なにを詰めようか考えながら、さらにはお重の大きさに合うようパッケージの分量も考慮し、ついでに値段にも心砕きと、ようやく買い揃えたら、今度はいちいちレイアウトを考えながら、買ってきたものを開封し、お重に詰めていく。。。

そんな作業をしながら、たいして安くも上がらなかった、おまけにこの労力を考えたら、おせち料理は買った方がコスパがいいのではないか?
そう気づいたため、翌年からはまたおせち料理を買うようになったのだった。

よくよく考えてみると、あの頃の私は頑張りすぎていた。
まだ子供達も学生で、家族4人分のお正月料理をと張り切っていた頃だ。
当時は桃の節句もクリスマスもお正月も誕生日も、とにかく沢山のお料理で食卓を飾り、家族を喜こばせることに懸命になっていた。

しかし、いまはどうか?
もはや子供達2人は成人し、夫は単身赴任となったため、私は頑張る必要がなくなった。

最近も唯一、一緒に暮らしている次女に、「お正月料理どうしよう。。。」と呟くと、「大変だから、もうそんなに張り切らなくていいんじゃない?」と、言われた。
さすがにお正月は全員が揃うだろうけれど、一人暮らしをしている長女は元旦の夜には帰るだろうし、単身赴任の夫も三ヶ日を過ぎれば赴任先へ戻る。
そんなにあれこれ用意しても、消費しきれないはずだ。

つまりは、以前のように本来おせち料理に入っているものすべてを用意する必要はなく、最低限のものだけ、お重に詰めればそれでいいということだ。



おせち料理に入っているものには、それぞれ縁起の良い意味や願いが込められている。
例えば、黒豆なら黒く日焼けするほどマメに健康に、数の子なら子孫繁栄、田作りは豊作といった具合に、それぞれ意味がある。

ならば、この意味を知り、それぞれ我が家にとって必要な願い(具材)を詰めればどうだろうか。
まるで初詣へ行った神社で御守りを選ぶように、健康、長寿、魔除け、金運、家庭円満など、自分にとっての願いをお重に詰めるのだ。

神様にはこちらの意向に合わせてもらうことになるので、申し訳ないけれど、祝膳を美味しくいただくためには許していただこうと思う。

数の子や昆布巻き、里芋など子宝系はもはや必要ない。私はもう産み終えた。
黒豆や菊花かぶなど健康に関わるものはマストだ。これからさらに必要になる。
さらに欲をかいて、栗きんとんや金柑などお金に関する願いも叶えて頂きたい。
お多福豆も福を呼び込んでくれそうなので加えてみようか。

こんな風に考えていると、自分で作るのも楽しくなりそうな気がする。
面倒だと思っていたことも、自分と家族の利益になると思えば、それがたとえただの「願い」だとしても、さして苦にはならない。

昨年、陶器製の三段重を買った。かなり小ぶりなものなので、今年はそれにマイチョイスのおせち料理を詰めてみようと思う。

何もかもがどんどん値上がりしているいま、お正月だからといって、大盤振る舞いすることもない。
質素に、ささやかだけれど、美味しいお正月料理を家族で楽しめればそれでいい。

今年はしっかりと予算を決めてみようか。。。
毎年同じことを言いながら、結局は年末にデパ地下で夫と一緒に散財してしまうのだけれど、今年こそは!なのである。

ただ、すんでのところで「やっぱりおせち料理買う!」と心変わりする可能性は大きい。
毎年そんな感じだからこそ、パンフレットが送られてくるたびに、悶々とし、結局は同じことを繰り返しているのだから。

果たしてどうなることやら。。。



後日。。。
ここまで書いて、あとは添削してアップしようと思っていたところで、事情が一変した。

夫と電話で話していて、今年は転職したばかりで、かなり仕事が忙しいため、年末年始の予定は年内ギリギリになるまでどうなるかわからないという。
外国人の夫にとってお正月は、食べる楽しみだけで、どちらかと言えばクリマスの方が大切だ。
赴任先から帰宅するのなら、クリスマスの方がいいらしい。
そこで、年末年始は無理をして帰ってくることもないのでは?と提案してみた。

もう子供達も大きくなったことだし、SkypeFaceTimeで、顔を見ながら「happy now year !!」だけでいいのでは?と。

年末年始は飛行機も新幹線も早く予約しないと席を確保できないだろうし、予定が決まらないことには動けない。

夫としては、これまでそうしてきたように、「行事日には家族揃って過ごさなければいけない」と思い込んでいるようだったけれど、私はもうそんなことから卒業してもいい時期にきたと思っている。

子供がいると、子供中心の生活が前提になるけれど、それももう終わりだ。
新たなステージにきたのだと、気持ちを切り替えて、今後は各々の事情で物事を決めていってもいいのでは?と夫に話した。

夫にとっては、いま仕事を頑張ることが一番だ。年俸が下がろうが、単身赴任になろうが、自分がやりたいと思って選択した仕事なのだから、そこに全力投球したい気持ちはよくわかる。
私もまた、ひとりでも楽しく暮らせる術はある。

「こうでなければいけない」というしがらみはもう捨てて、自分達にとってベストと思える暮らしを作りましょうということになった。



そこでおせち料理である。
夫がいないお正月となると、さらに縮小化が望まれる。
もはやおせち料理を自分で作るという気はすっかり失せた(笑)

正直なにもしたくない。。。

そう思っていた矢先、一人暮らしをしている長女がやってきたので相談してみたところ、「年末年始は、うちに来たら?」と。ペットがいるので、一晩でも家を空けたくないらしい。

例年のように、家族みんな揃うわけでもないので、大袈裟にお正月料理を用意する必要はない。
長女の家へ私と次女が行き、大晦日にはお蕎麦屋さんで年越し蕎麦を頂き、元旦に少しばかりのお料理が並べば十分だ。

では、そのお料理はどうするかが問題になる。。。

長女はまったく自炊をしないので、家にはほとんど調理器具もなく、食器類も家を出る時に持っていたものだけと最小限しか揃ってはいない。

すべて持ち込みになると想像すると、作るのも運ぶのも面倒だ。
やはりお重に入ったおせち料理を買い、それを持ち込むのが一番楽で手っ取り早い。
とりあえずおせち料理のお重がテーブルにあれば、格好もつくだろう。なんと言ってもお正月なのだから。

そんな時、これぞ!というおせち料理を見つけた。
量はちょうど3人分、和洋折衷で子供達が好んで食べるようなものも入っている上、お節に欠かせない縁起物も完全網羅。
お値段も2万円でお釣りがくるという、なかなかのリーズナブル価格。

このお節だけでは飽きそうなので、子供達のリクエストと自分が食べたいものなど、ほんの少しだけデパ地下で調達すればOKだ。
これで年末年始の予算はざっと見積もって4万円あれば余裕。例年の3分の1程度で済んでしまう。

そんなわけで、今年もまたおせち料理を予約した。
なんだかんだ言っても、楽をしようと考えると、結局はおせち料理丸ごと買うのがベストということなのかもしれない。

毎年毎年、同じようなことで頭を捻っているけれど、落ち着く先は結局同じ「おせち料理を買う」という選択。
そしてまた、食べきれずに後悔することになるのかもしれないけれど、それでも一度決めてしまえば、年末まで悶々としないで済むのだ。

なにが「無駄」かと言えば、おせち料理代よりも、悶々と考える時間が一番無駄だったというオチなのであった。。。