In other words

I really don't know life at all ...

Sponsored Link

パブリックマナーはないのか!5年ぶりに爆発させた怒りの末に悟ったこと。

f:id:frankie17:20210914102338j:plain

最近、街を歩いていると、人にぶつかっても平気で無視して歩き去る人が多くなったように感じる。

これは道端のお地蔵様に当たって素知らぬ顔で逃げるのと、同じくらいに無慈悲かつ一方的な行為ではないかと思っている。

とりわけ、必死で水平を保ちながら慎重に買った和菓子やケーキを持ち帰る際に、後ろからドンとぶつかられ、挙句にバサッ!っとお菓子の入った手提げ袋にまでダメージを与えられたとなったら、思わず襟首掴みたいくらいの怒りを覚える。
食べ物の怨みとは、それほどのものなのだ。

しかし、そんな怒りを露わにすることは、もうない。私も50を越えた立派な中年だ。ここで大声を張り上げたりしたら、頭のおかしい人扱いされるのは、私の方だと思うから。

忍の一字。。。

最も苦手とする、耐え忍ぶということを、「これは今生における修行だ」と、まるで出家した尼さんのように俯き、耐え忍ぶのである。

「耐える」という行為もある種、慣れのようなものがあり、耐えることを続けていると、自然に怒りの沸点が高くなり、ある程度のことなら笑って黙認できるようになってしまうのだから不思議だ。

しかし、どんなに慣れようが、本当に出家した尼さんというわけでもないので、その忍耐にも限界があると知った。





先日、友人とランチがてら銀座の百貨店へ行った帰りのこと。
電車に乗っていたところ、目的地の駅に到着したので降りようとすると、目の前に30代前半と思しき、ごくごく普通の女性が立ち塞がっていた。
降りる人が大勢いる中、それより早く、我先に乗り込もうという体制なのが見てとれた。

「降りる人が先」
これは暗黙のマナーでもある。当然私もこちらに優先権ありと、ドアが開いたと同時に降りようとしたのだれど、その女性が脇によける気配はない。それどころか「退け」とばかりにこちらを睨みつけてくる。

女性が目の前にいたら、当然私は歩を進めることができない。
ドアが開いても一向に降りることのできない人々が、私の背中に耐え難い圧をかけてくる。

さすがの私も堪りかね、口を開いた。

「降りる人が先です。脇によけていただけませんか?」

とても穏やかに、ごく自然お願いしてみた。私にしては褒めてあげたいくらいの忍耐強さと穏やかをもっての対処だったと思っている。

当然、「あら、すみません」と、脇に避けるのかと思ったところ。。。





「はあ?」

その女性は不機嫌さを顔面いっぱいに貼り付けたような顔で、そう小さな声で呟くと、よけるどころか「はん!」っと、薄笑いを浮かべ無理やり車中に捻り込もうとしてきたのだ。

ちょっと驚いた。
最低限のパブリックマナーも無視し、己の思惑を無理やりにでも押し通そうとする女性に。。。

考えてみたら、こんなことは珍しいことではないはずだ。若さと美しさの剥がれた落ちた中年女性に親切心を見せてくれる人はそういない。

もしかしたら、大人しく私が道を譲れば、事を大きくせずに済んだのかもしれない。
しかし、私には無理だった。。。

「忍」の糸がぷつりと切れた尼さんは、ほっかむりを取り去り、宙に投げた(イメージ)。

もちろんいきなり掴みかかったりはしない。ただ行手を遮った。

中年になり、しっかりと肉のついた身体はこんな時のためにあるのか!というくらい素晴らしい働きをする。

鳥の餌ほどしか食べていないのでは?と思うほど華奢で高いヒールを履いた女性に私を薙ぎ倒すことは不可能だ。

行手を塞いだあと、私は丁寧に、丁寧すぎるくらいに慇懃無礼に、声を上げた。





「あーた!パブリックマナーは守りなさい!何を偉そうにしてるの!今すぐ道をおあけなさいな」

まるでデビ夫人のコピーおばさんのような口調だ。

すると、その女性は見たこともないモンスターと対峙したかのように、顔を引きつらせて一瞬動かなくなった。。。
そして次の瞬間、脱兎の如くその場から走り去り、少し離れた車両へ移動したようだった。

予期せぬ出来事だったのだろうと思う。

百貨店の紙袋を両手いっぱいに提げ、ヒーヒーしているおばさんから、いきなりパブリックマナーだなんだのと大声をあげられたのだから。

それにしても、拍子抜けだった。 自分から売った喧嘩なのに、いきなり逃げ出すとは。。。素直に買った私はなんのために公衆の面前で大声を張り上げたのだか。。。


私は幼少の頃から人間拡声機と呼ばれるほどに声が大きい。普段は意識して声を抑えて話すようにしているけれど、こんな状況下においては、そのような配慮は不要とばかりに、その大きな声がさらに大きくなる傾向にある。

そこが、「おかしい人」と思われる所以かとも思うだけれど、効果の程は絶大であるということを、過去の数々の経験から学んでいるせいか、無意識のうちについつい声が大きくなってしまうのだ。

周りにいた人達はきっと驚いたことだろう。比較的混んだ電車の中では、前の方で何が起こっているかはわからなかっただろうから。

一緒にいた友人は満足そうな笑を浮かべていた。
古くからの友人なので、私がこんな時にどんな行動をとるかはもちろん、声の大きさも知っている。
最近は出家した尼さんのようになっていると、自慢をしていた私に対し、「ほらね、三つ子の魂百までよ」などと思っていたのだ。

「やっぱり我慢できなかったわね。我慢できたら、私が言ってやろうかと思っていたんだけど」

その言葉を聞き、「ああ、私が言わずとも、私以上に気の短いこの人がいたのだったわ」
そう、後悔した。





私はこのようなことがあると、後から必ず自己嫌悪に陥る。自分の怒りをコントロールできない未熟さが嫌になるのだ。

そんなことが繰り返されてきたからこそ、もう如何なることがあろうとも、決して怒ってはならない。
私は数年前にそう誓ったはずだった。

たかが、電車に乗るマナーがないくらいで、わざわざ人前で大きな声をあげることもなかったのに。何故我慢できなかったのかと。

しかし、最初から怒鳴りつけた訳ではなかった。礼儀をもって伝えたにもかかわらず、「はあ?」と馬鹿にしたような態度をとったのはあちらだ。
つまり、相手もやる気満々だったということだ。

世の中には、自分よりも弱い人間には横柄で、強い人間の前では借りてきた猫のようになる人が少なくない。
言葉はよくないけれど、嫌な思いをしたくなければ、舐めていい相手であると思われないことだ。

しかし、それが元で自己嫌悪に陥るのだから、私は一体どうしたらいいのだろう?

このように公衆の面前で怒りを露わにしたのは、実に5年ぶりくらいだった。

これまでも、耐えがたいほどに理不尽なことはあったけれど、それでも怒りを鎮めることができていたというのに、なぜその時は堪えることができなかったのだろうか?

思い当たる理由はあった。





それは、お腹が空いていたからだ。
しっかりランチは食べたものの、この日はお買い物に時間をとられ、デザートと称したお三時のお菓子を食べていなかったのだ。
午後、そろそ小腹が空いてきたなと感じていたところの出来事だった。

そんな単純な理由で怒ってしまう私は、やはり修行が必要なのかも知れない。
それが嫌ならば、「怒らない」という禁を破らないためにも、カロリーメイトでも持ち歩くほかないだろう。。。

その日、私は本屋さんへ寄り、仏教の教えに関する本を手に取った。仏様に寄り添ってもらえれば、少しは自己嫌悪からも解放されるのでは?との期待をもってだ。
しかし、効果はなかった。許すことを解く仏教の教えを見て、「許せなかった自分」への自己嫌悪がさらに募っただけだった。

ところが、帰宅してデパ地下で買ったお菓子を食べていたら、全て忘れてしまった。。。
仏教の教えよりも自分の好きなものが、救いになるということがわかった。
なによりも、どんな不愉快な思いも時間が解決してくれることを知ったのだ。

人生とは何事も経験だ。ここで私は一つ学んだ。
公衆の面前に出る際は、何か甘いものでも携帯しておくに限る!空腹は敵だということを。
そして、どんなに嫌な出来事、辛い出来事があろうとも、それはやがて時間が解決に導いてくれるということを。

つまり、人生とはそれほど複雑なものではなく、シンプルに考えるべきなのだ。
その方がきっと幸福でいられる気がする。

そんなことを件の出来事で考えたのだった。。。

ゲームをやらない私もまた『BAYONETTA 3(ベヨネッタ)』を待ち望んでいる。ゲームの進化とその世界観を知ってしまった故に。

f:id:frankie17:20210928230729j:plain

数日前に『ベヨネッタ3』が、ようやく出るとのニュースがあった。
などと言いつつ、私はまったくゲームをしない。

朝、いつもは寝坊ばかりの娘が珍しく早起きしたと思ったら、叫びながら大号泣。
なにごとかと慌てて部屋へ駆けつけたところ、『ベヨネッタ3』のことだった。。。

まったく平和である。。。

昨年から新型コロナによる緊急事態宣言などで、在宅することが多くなった我が家の娘。
毎日退屈でたまらないだろうと思いきや、そこはゲームオタクだ。これ幸いとばかりにゲーム三昧の日々をエンジョイしてきた。

異常なまでの凝り性を自認する私は、決してゲームには手を出さない。一度でもハマったら、もはや母親の役割も家庭の主婦としての役割も簡単に放棄し、ゲームの世界の住人になってしまうことは目に見えている。廃人気質は充分にある。
つまりはゲームによって生活が破綻する未来が見えるから、手を出さないのだ。
決して嫌いなわけではない。。。





そんな母親に否応なしにゲームの話を仕掛けてくる娘。当然だ。彼女の中ではゲームこそ全てなのだ。趣味ではなくもはやライフワークといってもよい。
話題といえばゲームしかない。

これまで様々なゲームの話を聞いてきた。
そのせいで私はプレイはせずとも、結構ゲームには詳しかったりする。何故なら、欲しいゲームがある時は必ず娘が素晴らしいプレゼンをしてくるからだ。

そして私は娘にゲームを買ってあげる。
どんなことでも夢中になれるものがあるのは素晴らしいことだと思っているから、やりたいことがあるのなら、やる気になったときにやるべきなのだ。

学生は勉学が本分だという生き方を、私は自分の子供には強制しない。ただ、興味を持ったことにとことんのめり込み、その世界を知り尽くすまで追いかけていけばいいと思っている。

そこまですれば、その子はきっとそんな分野で自分を養っていくことができるだろうからと。

もしも娘がなにかに情熱を傾けているのなら、存分にやればいい。そのためならいくらでもその手伝いはしようと決めている。
たとえそれがゲームであろうともだ。





渋谷のパルコに任天堂ストアがオープンした際には、娘の付き合いで2時間も並んだ。
欲しいゲームソフトが見つからなければ、雨が降ろうが雪が降ろうが何軒でも一緒にお店を回って、見つかるまで探し続けた。

さすがに今は親が同伴するような年齢ではなくなったので、そんな役割からは解放されたけれど、とにかく子供のためなら、親はなんでもできてしまうみたいだ。。。

そんな風に否が応でもゲームに触れ、ギリギリのところまで来ているのだけれど、未だに私はゲームに深く関わることを拒否している。
始めてしまったら終わりだ。

しかし、とうとう見てしまった。

たまたま夜中に娘の部屋を覗くと、いつものように夢中になってゲームをしている。

彼女の部屋にはゲーム専用の大型TVがある。そこに映し出されていたのは、やたらと長身、ボディーバランスの素晴らしい眼鏡の美女がくるくると舞っている姿だった。

その名は『ベヨネッタ』。。。

ベヨネッタはその大きな身体を自在に動かす。まるでオリンピックの表彰台に登る体操選手のように、いやそれ以上の身体能力で美しく踊るのだ。

次の瞬間、ベヨネッタは突然四つ足の生き物に変身し風のように街を駆け抜ける。

また場面が変わると今度は大きな羽をもつ蝶になった。

なんなのだろう、この美しさは。。。

これがゲームなの?





画像やキャラクターの美しさだけではない。そこにはストーリーがあった。

画面に見入る私に、娘はゲームの手を止めることなく説明をしてくれた。

バックに流れる音楽はドリス・デイの『Fry Me to the Moon』


Fry me to the moon

And let me play among the stars

Let me see What spring is like

On Jupiter and Mars

In other words .....

このブログタイトルと同じ。。。

『In other words 』

偶然にも私のお気に入りの曲だった。

このゲームのBGMに何故こんなクラシックな曲を起用したのだろう。
もしかしたら、深い意味はなかったのかもしれない。
私のブログタイトルと同じように。。。

それにしても、このゲームの世界観にぴったりの曲であることは間違いない。

クリエイティブだ。。。ディズニーやジブリの映画と混合はできないけれど、よくできた魅力的なストーリーだ。





私の知るゲームの世界はもはや昭和だ。そこに礎があるとしても、その片鱗すら見えないくらいに積み上げられ、磨き上げられている。

今私が見ているのはゲームではなく、一つの芸術といってもいいようなものだった。

いつの間に、ゲームはここまで進化したのだろう。

ここで私は少し安心した。
ここまでの進化に私はついていくことはできないと思ったから。
複雑なゲーム進行、テクニックを要するゲーム機の操作。もう任天堂マリオカートにサクッとカセットを突っ込み、指でピコピコとプレイしていたのとは訳が違う。もはや次元が違う。

左右にスライドしていくインベーダーをただ撃ち落とすためだけに、ビームボタンを連打するだけでは済まないのだ。

できる気がしない。。。
どんなに『ベヨネッタ』が魅力的だろうとも、私が彼女を羽ばたかせることは無理だ。

私は娘の後ろに座り込み、戦うベヨネッタを見ていた。
時折、これはどんなギャグか?と思うような場面もあるのだけれど、それがまた面白い。

多くのファンが、何年も何年も辛抱強く待ち望んでいた『ベヨネッタ3』。
ようやく先の見えないトンネルから抜け、明るい光りが差し込んだのだ。

先の見えないものに希望を抱き続けることは、とても辛いものだ。しかし、2022年というゴールが見え、ようやく娘もその苦悩から解放されたという。

大袈裟だ。。。そう思いながらも、わからなくはない。

何はともあれ、来年には新しい『ベヨネッタ』がお目見えする。
ゲームをしない私もまた、新作の映画を待ちわびるように、『ベヨネッタ3』の世界を待ち望んでいるのだった。。。

嫉妬というネガティヴな感情をポジティブに変えて向上する人生を選びたい。

f:id:frankie17:20210623105133j:plain

最近、娘が人間関係の難しさみたいなことを今更ながら言っていたのだけれど、よくよく聞いてみれば、それはリアルではなくネットの世界のお話だった。

どこの誰とも、何をしている人かもよく知らないネットの中の誰かと、どんな人間関係が結べるというのだろうと、昭和アナログ世代の私は思う。

ただ、リアルでもネットの中でも、そこには感情というものは確かに存在していて、多分娘が言う「人間関係」とは、そうしたことを漠然と言っているのだろうと思った。

「人間関係の難しさ」というくらいだから、それは当然ポジティブな意味ではなく、つまりは「面倒くさい人もいるものだ」というお話なのだけれど、私からすれば、そんなことに頓着する娘の方も、また面倒くさい人間だなと思う(笑)

どこの誰か知らない相手の悪意に振り回されているほど、人生は長くない。
あっという間に歳をとり、さまざまな面で限界が見えてくると、人の言動よりも自分の生き方に気持ちを傾けるようなる。

それでも10代の若者にとって、それは無視できないくらいの、少し気になることだったりするらしい。

客観的に聞いていると、そこに渦巻く多くは、妬み嫉みのようなものであることが多い。

これはネットに限らずリアルでもそこら中に落ちている、ありふれた感情で、自分も含め、だれもが嫉妬したり、されたりしながら生きていると言ってもいい。





嫉妬という感情にかられたとき、ほとんどの人は、自分の嫉妬心を自覚しても、特別な感情と思わず、そのまま通り過ぎる。つまり忘れてしまうのだ。
嫉妬したところで、自分にとっては何のメリットもないと判断できる冷静さと健康的な思考があればそうなる。

しかし、そんな人ばかりではない。
中には嫉妬から必要以上に悪意を向けてくる人というのもいるから面倒くさい。

嫉妬した相手のどこかしら悪いところを見つけて、こき下ろしたり、悪質なケースではありもしないことをでっち上げて、ふれ回るなんてこともする。

こんな人は面倒ではあるけれど、ある意味単純だなと思う。
昨今ではネット上の誹謗中傷なども問題になっていて、開示請求が認められるケースもたくさんあるので、行き過ぎれば処罰の対象になる可能性もある。

それよりももっとも厄介なのは、「悪意を持った無視」だ。
今回初めて次女が遭遇したのもそんなケースだった。

ある趣味を通したネット上のコミュニティーで、意見交換がなされる中、中心人物よりも有益な情報を提供したところ、他の人達からは結構な賞賛を受けたという。
しかし、その中心人物は自分の提言を無碍にされたとでも思ったのか、娘の意見は完全に無視し、以降は何をどう言おうが完全にいない者として扱われたという。

文字通り、まるで目にも入らないように振る舞う。若者風に言うとすれば「シカト」という状態だ。

これはネットよりもむしろリアルでよくあることかもしれない。学校や職場でもよくある陰湿なイジメの一種と言ってもいい。





悪口をふれ回る者も、無視もどちらも酷いものだと思うけれど、私はどちらかと言えば、浅はかに悪口を触れ回る人間よりも、無視をする人の方に気持ち悪さを感じる。

自分のプライドを守ることしか考えていないのか、自分の承認欲求を満たさない存在、自分よりも優れていると認める相手は「無」とする。。。

こちらにはなんの痛みもないけれど、そんな消極性がとても狡猾に思えて仕方ない。

私の経験から言えば、このような人は普段ニコニコと愛想をふりまいている人が多い。
だから余計に好きになれないし、恐ろしさを感じる。

自分の気に入らない相手と戦うのではなく、一方的に排除し、自分の自尊心を守ることだけを考えているように見えるからだ。
その自己愛の強さが薄気味悪い。

嫉妬心からあからさまに人の悪口を言うという行為は、自分の評価を落としかねない。だからほとんどの人は、嫉妬していることに気づいても、そっとその黒い感情に蓋をする。。。

しかし、それができない人は、自分を褒めそやす人に対しては、ニコニコと善人の顔を見せる一方で、自分が嫉妬する相手に対しては、涼しい顔で「悪意のある無視」という蓋をする。
これはネットでもリアルでも同じだと思う。





心の闇というのは、誰もがその心の奥底に抱えているものだ。それを自覚している人もいれば、していない人もいる。
なにかの拍子に顔を出すことはあるけれど、ほとんどの場合はそれに気づかず過ごしているのだろう。

相手を無視することで自分の自尊心を守ろうとする人は、もしかしたら、そんな自分の闇を自覚できていないのかもしれない。

自分より優れた存在を、自分を脅かすものとして、見ないふりをし、やがてそんな行為が慣れになる。当たり前の行為になる。

心の奥底どころか、闇に支配されたようなイメージしかわかない。。。

嫉妬は自身に対するコンプレックスの表れ。

そう思えば、たとえ自分に向けられた感情であっても、相手の心の問題だから不可抗力だ。嫉妬された側になすことはなにもない。

ネガティブな行動をする人とは距離をとるに限る。
よく「運気が下がる」というけれど、これはスピリチュアルなこととは関係がない。
実際にネガティブ思考の人がそばにいると、それが伝染するのだ。
物事がうまくいかない、人生がうまくいかないことでネガティブになると、行動もネガティブになる。するとさらに物事はうまくいかなくなるという負のループに陥ることになる。
そんな人のそばにいていいことはない。それは誰もが想像できることだろう。





嫉妬心を覚えるほどすごいと思う相手なら、学べることはたくさんあるはずだ。
自分がたどり着けないからこそ嫉妬するのだろうから、少しでも近づいてその秘訣とやらを盗もうと、私なら思う。
嫉妬するほどに能力の高い人間と一緒にいれば、自分もその場所へ行ける確率は上がる。

それはこれまでの経験から考えても確かなことだ。
常に自分よりも優れた人といることで、新しいことを知ることができる。

例えば、嫉妬する相手がとても綺麗な人であれば、美の磨き方を学ぶことができる。美しい人は、人一倍の努力をしているので、その知識も豊富なことが多い。

相手が羨むほどのお金持ちなら、一緒にいることでどうやってお金を増やしているのか、どんなお金の遣い方をし、管理しているのかなど知ることができるかもしれない。

一つ一つは小さなことだけれど、この積み重ねが、自分を向上させてくれる。

嫉妬をして意地悪をしたり、無視をして遠ざけることは、自分にとってとても損なことをしているのだ。

わかっていても、私だって時に嫉妬もするし、モヤモヤっと心に暗雲が立ち込めそうになることもある。

そんな風に、嫉妬という感情は誰もが抱えるものだけれど、そのネガティブな気持ちをどうやってポジティブに変えていくか、大袈裟に言えばそれによって人生は変わる。

一度きりの人生であるなら、黒い嫉妬心で自分の人生を暗いものにしてはいけないと思っている。

冒頭の娘が言った「人間関係の難しさ」に対しては、自分が嫉妬するような相手からは学びを得る努力をして、嫉妬される側になった時は不可抗力と思え。

そう話した。

それが正しいのかどうかは、わからないけれど。。。