In other words

I really don't know life at all ...

Sponsored Link

不安症、心配性は更年期の影響か。解決法を模索した結果たどり着いた結論。

最近、異常なほどに心配になったり、強い不安に襲われることが増えた。 例えば、外出する際に火の元や施錠など、十分に確認しているにも関わらず、家を出た後に心配になったり、就寝前に離れて暮らす子供や夫は大丈夫かと不安になったり、とにかくこれまでと…

50代は貯めどき。健康維持と貯蓄、老後の不安に備えた一挙両得の試み。

少し前に現在住んでいるマンションの更新があった。 その際、1ヶ月分の更新料を納めるのだけれど、都心ゆえに賃料も高い。 2年おきに更新料という名の事務手数料を何十万も払うことに、面白くない気持ちにもなるけれど、こればかりは仕方がない。 税金と同じ…

二十代に戻り人生をやり直すことができたとしても、きっと同じただ一つを求める人生を選ぶのだろう。

先日、美容院で二十代の若い美容師の男の子の話していたら、その眩しいばかりの若さが心底羨ましくなった。 趣味の話、旅の話、食の話、恋愛話と、施術してもらっている間、いつもいろいろなことを話すのだけれど、その時につい「いいなぁ...羨ましいわ」…

お正月におせち料理は必要か?毎年悩みながらも、結局はおせちを用意してしまう理由。

毎年この時期になると、百貨店からおせち料理のパンフレットが送られてくる。一応目は通すものの、あれこれ考えながら何度も繰り返しページを捲り、その絢爛豪華なおせち料理を見ていると、決まって溜息が漏れる。おせち料理は必要なのか?と。。。ここ数年…

本の中での物との出会い。

本を読んでいると、時折自分の好みにぴったりと合った「物」の描写に出くわすことがある。一枚の布であったり、食器であったり、家具であったり、食べ物であったり、薬であったり、それは種類を問わない。文字だけの描写のため、読みながらその姿を頭の中で…

ページを繰るたびに変わる文庫本のフォントに、また一つ学びを得た件。

暇な時はもっぱら韓流ドラマを観ているか、本を読んでいるか、ブログを書いているかの3択という生活を送っている。ブログはほぼ毎日の日課となっているので、暇でなくてそうでなくても書くのだけれど、暇な時は書き溜めということもしたりする。韓流ドラマに…

エリザベス女王陛下崩御のニュースに、自身の青春を振り返りポロリこぼれた涙。

エリザベス女王陛下崩御のニュースに、普段はあまり観ないTVをつけて、女王在位70年の歴史を辿る映像を観ていた。90年代の若かりし日々を英国で過ごした私は、王室主催のパレードがあるたびに、その群衆の中の一人として、煌びやかな馬車の中から手を振るエ…

葬儀へ行く際、喪服で電車など公共の交通機関に乗ってみて感じたこと。

この年齢になると、冠婚葬祭に足を運ぶ機会がチラホラと増えてくる。 つい先日、叔母が亡くなり通夜と告別式に参列したのだけれど、その際にちょっと考えてしまったのが、喪服のまま電車に乗るか問題だった。昨年の冬、知人の通夜に参列した際は、冬だったの…

日本食は身体に優しい。肉と脂にまみれた欧米食から離れ、胃腸の不調改善。

新型コロナもようやく落ち着いたかと、今年の6月に「温泉プチ湯治」と称して、二泊三日の旅に出た。 場所は長野駅から電車で1時間弱下った、小さな温泉だった。これまでは完全にホテル派だったのだけれど、50代になり旅の形もこれまでは違ったスタイルを求め…

コンビニのレジ袋が必要なら、大きさ指定した方がいいと思った件。

少し前のこと、コンビニで大量に買い物をする機会があった。 普段は自前のエコバッグを持参し、レジ袋を購入することはあまりないのだけれど、先日はお弁当を3つ、サンドイッチにおにぎり、500ml入りペットボトル3本、加えてプリンやゼリーなどをいくつかな…

節約はしない、けれど倹約はする。我慢せずに老後に備える暮らし。

夫が前職を退職し、再就職するまで数ヶ月間、無職の時期があり、その際に住民税や保険、年金などの納付書が自宅に送られてきた。普段は月々のお給料から天引きされているため、それほど気に留めることもなかったのだけれど、一度に何十万も払うことになると…

「和菓子離れ」に思う、SNSによる昨今のお菓子事情とお菓子ブログについて。

写真は銀座空也さんの「空也もなか」です。大好きなお菓子の一つなだけで、本文とはまったく関係ありません。 「和菓子離れ」などという言葉が出て久しい。実際に老舗が暖簾を下ろすというニュースを、このコロナ禍でも見聞きしてきた。 しかし、その一方で…

宅急便、在宅しているのに持戻り(ご不在)扱いになっていた理由。

昨日の夜に届くはずだった荷物が、今朝になっても届いていなかった。 特に配達日も時間も指定していなかったのだけれど、あちらからご親切に「本日お届けします」とのメールが入っていたので、待っていたのだ。予定していた荷物はamazonからのものだった。特…

50代からの温泉湯治。お湯、宿、食事、理想的な旅のスタイル。

年齢と共に旅の目的も変化する。 10代の終わり頃までは、親の決めたプランによる旅に同行するだけだった。 そして20代、一人で旅に出るようになった。 好奇心旺盛ゆえ、あちらもこちらも、欲張ってクタクタになるまで見られるものを見尽くしてやろうと旅の間…

子供の自立と自身の老後。子供の世話になる老後はありか?

少し前、我が家の長女が家を出て一人暮らしを始めた。家を出たとは言っても、車で10分程度の距離なので、いつでも行ったり来たりできるご近所自立だ。 それでも同居しているのとしていないのでは大違い。気分的にも何やら一仕事終えたような爽快感がある。長…

40代〜50代女性に向けた「人生でやり残したこと」アンケートの結果について。老後の生きがいや生活について思うこと。

以前、ネットで某美容系会社の行った「第二の人生に対するアンケート調査」なるものを読んだことがあった。これまで実感もなく口にしていた「第二の人生」という言葉。 コロナ禍による生活の変化は、のんびりと過ごしてきた専業主婦にさえも、決して少なくは…

50代からのひとり旅。目的は一つに絞り、ゆっくりじっくり楽しむ旅へ。

先だって、ゆっくり温泉を楽しもうと長野へ行ってきた。 長野はとても好きな土地で、過去に何度も訪れたことがあるのだけれど、長野と言っても広い。今回は「温泉」が目的だったので湯田中の方まで下ることにした。ちょうど善光寺さんが御開帳とあって、長野…

瞳孔全開体験。加齢による飛蚊症という診断を受けて。。。

自分にとって衝撃的な出来事があると、すぐにブログに書きたくなってしまう。 誰かに話すよりも、ブログに書きながら自身の心境とやらを追った方が、はるかに冷静になれるからだ。今朝、眼科へ行った。3日ほど前から時折視界を遮るように、黒い何かが私の目…

夫の転職と単身赴任。「亭主元気で留守がいい」の本当。第二の人生に訪れたバラ色の日々。

最近、夫が人生で何度目かわからない転職をした。外国人にとっては終身雇用などというのは、あまり魅力的ではないらしい。これまでもより面白い仕事、より高い報酬を求めて何度も転職してきた。そんな夫も50代となり、そろそろ安定に向かうかと思いきや、…

多肉植物に思う、都会暮らしか田舎暮らしか。メリット、デメリット共にありで揺れる心。

今年になってから、突然多肉植物の面白さに目覚めた。その前から梅や桜、木瓜、沈丁花などの小さな植物は育てていた。また食べ終わったアボカドの種を植えたら元気に成長し、1メートルを超えた鉢もある。他にも同じくらい大きな金木犀の木もある。緑ばかりで…

特化ブログに雑記が混ざる悩ましさと、ブログを書くことの有効性。

難しく考える必要はないと思うのだけれど、自分の中の決め事にそぐわぬという理由で、悩ましく思っていることがある。ブログの内容についてである。複数のブログを持っていると、トピックによってはどのブログに書いていいか迷うことがあるのだ。元々は「専…

クレジットカードは便利だけれど、家族カードは要注意。やっぱり現金が一番いいと思った件。

お金に対する考え方や基準は人それぞれ。どう遣いどう管理するか、今は昔と違って様々な方法がある。 賢い方などは、その用途、メリットなどにより、ベストな方法を選択していることと思う。私の場合、現金のみが一番性に合っている。自分の持っているキャッ…

専業主婦という生き方を選択したのは正解だったのか?子育てを終えた今、思うこと。

毎日呑気にサワードウブレッドを焼くことができるのも、専業主婦だからこそだろう。。。 かなり前、「年を重ねるのは素敵なことなのか」というお話を書いたのだけれど、書いている途中、いつもながら色々な思いが横入りしてきて、危うく大脱線するところだっ…

オラクルカード占い。当たるも八卦当たらぬも八卦に委ねる未来への希望。

ある日、別室で娘二人がワイワイと盛り上がっていた。まったく性格の違う二人、興味の違う二人がどうしたことかと不思議に思いながらも、仲がよい分には平和なので、余計なことは言わず、知らないふりを決め込んでいた。 寝た子は起こさない主義だ。ほどなく…

歳を重ねるのは素敵なことなのか?白髪染めで考えた若さへの羨望と老いる気楽さ。

普段はほぼ2週間に一度、白髪を染めるために美容院へ通っている。 コロナ禍では自分で白髪染めを買ってきて染めたこともあったけれど、手間もかかる上に、なかなかキレイに染めることができない。月に2度もわざわざ白髪を隠すために美容院へ行くのは、正直言…

多肉植物はじめました。育てることの難しさと楽しさは、子育てに似ている。

今年の2月終わり頃だったか、池袋西武百貨店屋上にある『鶴仙園』で、格安で並んでいた多肉植物の小さな鉢をいくつか購入した。これまで、他の植物は色々と育てていたけれど、多肉植物にはまったく興味がなかった。 かなり前から若い人達の間で流行っている…

ありがた迷惑によるストレス。好意を与えること、受け取ることの難しさ。

人から何かをしてもらったり、物をもらったりすることは、必ずしも嬉しいということばかりではない。ありがたいという気持ちはもちろんあるのだけれど、時に困ったなと思うこともある。私の場合は、ほとんど夫がしてくれることに対して、素直にその好意を受…

揺れる恐怖。地震の揺れと工事の揺れ、家が揺れるのはストレスになるというお話。

最近、地震が多い。私は雷と親父は怖くない、火事は少し怖いけれど、地震の比ではない。 身構える時間さえ与えられず、何の前触れもなく突然揺さぶられるのだから、こんな恐ろしいものはない。 「地震」「雷」「火事」「親父」が同列に語られるのは、どうも…

サブブログの更新が滞る問題。更新頻度や継続よりも、まず改善すべきこと。

前回の投稿から、気づけば1ヶ月も経過していた。桜の花もすでに満開の時期を迎えている。今年こそは少なくとも週一ペースで、何かしら更新できたらと思っていたのだけれど、その誓いもあっさりと忘れられ、せっせと他の2つのブログを書いていた。なぜ更新で…

気持ちを整えるために始めた早起き生活が自己満足に変わった今、もう少し立派な理由が欲しくなった。

早起き生活を始めてもう15年以上になる。 当時、まだ子供は幼く、自分だけのひとり時間を持つことが難しかった。そこで考えたのが、朝型生活だった。 朝4時に起き、家族が起きてくる7時までの間なら、静かに過ごせるかも知れないと思ったのだ。その思惑は予…